HOME > 刊行物 > JC総研ブックレット~目次~

JC総研ブックレット

 

(1)企業の農業参入 地域と結ぶ様々なかたち

大仲克俊・安藤光義 著 安藤光義 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
1章   はじめに -農業生産法人の要件緩和を通じて-(安藤光義)
2章   株式会社たねやの農業参入(大仲克俊)
-自社の企業コンセプトの根幹としての農業参入-
3章   株式会社知久の農業経営の取り組み(大仲克俊)
4章   新潟県糸魚川市根知地区での企業の農業参入とその農業経営の展開(大仲克俊)
5章   農業施設の開設・販売企業の広域的な農業経営
-株式会社グランパの取り組み-(大仲克俊)
6章   おわりに(安藤光義)

(2)再生可能エネルギー 農村における生産・活用の可能性をさぐる

榊田みどり・和泉真理 著 鈴木宣弘 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
監修者巻頭言:自分たちの地域を守るのは自分たち(JC総研所長 鈴木宣広)
序章   農村で取り組む再生可能エネルギーの意義(榊田みどり)
1章   環境三法と畜産バイオマス発電の広がり(榊田みどり)
2章   木質ペレットで山と農と町をつなぐ(和泉真理)
3章   もみ殻ボイラーの持つ可能性(榊田みどり)
おわりに(和泉真理)

(3)地域サポート人材による農山村再生

図司直也 著 小田切徳美 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
はじめに-本書のねらい
I   地域サポート活動を目的とした外部人材導入の背景
II   外部人材による地域サポート活動の展開
III   地域サポート人材による農山村再生の方向性とその要点
〈私の読み方〉若者と地域との関係構築(小田切徳美)

(4)大学・大学生と農山村再生

中塚雅也・内平隆之 著 小田切徳美 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
はじめに
I   いまなぜ大学・大学生と農山村なのか
II   農山村を支える大学の地域連携活動
III   総合的な地域連携の実践:神戸大学と篠山市の連携
IV   県下に広げる大学とのマッチング:福島県の取組
V   まとめ:大学・大学生と農山村の相互発展
〈私の読み方〉農山村再生における大学の役割(小田切徳美)

(5)移住者の地域起業による農山村再生

筒井一伸・嵩和夫・佐久間康富 著 小田切徳美 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
はじめに
I   農山村における移住者のなりわいづくり
II   移住者のなりわりづくりの捉え方
III   移住者の生活となりわいづくりの支え方
IV   地域づくり戦略としての移住者による地域のなりわいづくり
V   農山村再生における移住となりわいづくりの展望
〈私の読み方〉移住者による「なりわい」の意味と意義(小田切徳美)

(6)「食」と「農」を結ぶ -心を育む食農教育-

森久美子 著 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
はじめに
I   なぜ食農教育か
II   食べものの命をどう捉えるか
III   食農教育の核となる「農業体験」-具体例と着地点
IV   ギャップを埋めるキーワード~食農教育を進めるために

(7)我が国の水田農業を考える(上巻) -EUの直接支払い制度と日本への示唆-

星勉・石井圭一・安藤光義 著 星勉 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
1   はじめに(星勉)
2   EUの農政改革と直接支払制度(石井圭一)
3   日本の水田農業政策の展開過程と直接支払い(安藤光義)

(8)我が国の水田農業を考える(下巻) 構造展望と大規模経営体の実証分析

鈴木宣弘、姜薈、大仲克俊、竹島久美子、星勉、曲木若葉、安藤光義 著 星勉 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
1章   はじめに【解題】(星勉)
2章   稲作経営の「岩盤」問題と今後の構造展望(鈴木宣広・姜薈)
3章  
  1. 水田農業構造の先進地域の動向
    (1) 愛知県豊田市高岡地区での大規模水稲経営体の成長と課題(大仲克俊・竹島久美子)
    (2) 長野県飯島町における地区担い手水稲経営体の展開
-中山間地域の動向-(大仲克俊・曲木若葉・星勉)
    (3) 農業構造変動の到達点と課題-事例のまとめ-(安藤光義)

(9)廃校利活用による農山村再生

岸上光克 著 小田切徳美 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次

はじめに

I   廃校利活用と地域づくり
II   廃校利活用の特徴
III   地域づくりを基礎とした廃校利活用の取り組み
-秋津野ガルテンの取り組み-
IV   廃校利活用のプロセスからみる地域づくり
V   まとめ-廃校利活用による地域づくりの方向性-
〈私の読み方〉廃校利用と地域づくりの課題(小田切徳美)

(10)農村女性と再生可能エネルギー

榊田みどり・和泉真理 著 岸康彦 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
巻頭言   エネルギーの地産地消を目指す女性たち(岸康彦)
1章   太陽光パネルを設置した農村の女性たち(和泉真理)
2章   チェルノブイリ事故を機に畜産バイオマス利用へ(榊田みどり)
3章   再生可能エネルギーは農的暮らしの中にある(榊田みどり)
4章   農村の再生可能エネルギー:次の世代の挑戦(和泉真理)
おわりに   改めて農村の再生可能エネルギーの生産と利用に向けて(和泉真理)

(11)農業収入保険を巡る議論 我が国の水田農業を考える

星勉・吉井邦恒・鈴木宣弘・姜薈・石井圭一・安藤光義 著 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
I   はじめに【解題】(星勉)
II   アメリカの収入保険制度(吉井邦恒)
III   我が国水田農業の将来展望と経営安定対策の再検討(鈴木宣弘・姜薈)
IV   EUにおける農業所得政策の展開
-「ゲタ」の多様化・「ナラシ」の要請-(石井圭一)
V   水田農業を支えるために何が必要か(安藤光義)

(12)ダイナミックに展開するヨーロッパの農業協同組合

和泉真理 著 石田正昭 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
巻頭言   日本の総合農協と何が違うのか(石田正昭)
はじめに   ダイナミックに展開するヨーロッパの農業協同組合
1章   イタリアの農業協同組合:アグリボローニャにみる農業協同組合の発展方向
2章   希少種豚の保全を地域の活性化につなげる:南ドイツのシュヴェービッシュ・ハル生産者組合
3章   国際化と農業構造の変化に対応するドイツのラインマイン果実・野菜協同組合
4章   我が道を貫くドイツ・ケルンの協同組合銀行
5章   強い農業協同組合:COGECAの目指すもの
おわりに   現代社会の課題に対応することが期待されている協同組合

(13)農村と都市を結ぶソーシャルビジネスによる農山村再生

西山未真 著 小田切徳美 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
I   はじめに-農山村再生に必要な誇りの回復とソーシャル化-
II   食と農を結ぶ取り組みの変遷と農村と都市の関係変化
III   高知県四万十川流域の起業活動とその展開
IV   ソーシャルビジネスと農山村再生
V   まとめにかえて
〈私の読み方〉農山村におけるソーシャルビジネスの意義(小田切徳美)

(14)水田農業の実態 我が国の水田農業を考える

星勉・小沢亙・吉仲怜・大仲克俊・安藤光義 著 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
はじめに   【解題】(星勉)
1   我が国水田作経営における飼料用米取り組みの現状と課題-経営成立の条件-(小沢亙)
2   遊佐町における水田作経営での飼料用米生産と利用-地域に立地する養豚経営と契約水田農家-(小沢亙)
3   津軽平野部における飼料用米生産と利用-地域に立地する養豚経営と契約水田農家-(吉仲怜)
4   北関東米麦作地帯の農業構造と営農組織の現状-埼玉県熊谷市・群馬県伊勢佐木市の集落営農組織の実態から(大仲克俊)
5   水田農業に与える政策の影響-飼料用米と集落営農-(安藤光義)

(15)ヨーロッパ農業の多角化 それを支える地域と制度

和泉真理 著 市田知子 監修 定価750円+税 A5版/64ページ

目次
巻頭言   多様化する現代の「生業」(市田知子)
はじめに   EUの農業構造と農業経営の多角化
1章   英国の2軒の農家民宿
2章   イタリアの農家民宿:フェラーラのパオラ・ペドローニさんが選んだ農業経営の多角化
3章   英国クラーク農場の経営多角化
4章   オランダのポルダー(干拓地)の酪農経営
5章   条件不利地域の農業を守る:ドイツのアルム酪農
6章   ベルギーの若手酪農家の挑戦
おわりに   中小規模農家の選択肢とそれを支える政策

 

ページトップへ